HAIL Youth Attack Records

2019.03.03 Sunday

0

     

     

     

     

     

    CADAVER DOG - DYING BREED+BLUNT FORCE TRAUMA(Cassette Tape)

     

     

    予てよりマークマッコイが熱い視線とサポートを続けているコロラド州デンバーの真打ち!

     

    激DIRTY NOISE TRASH HARDCORE バンド・CADAVER DOGがリリースした激待望にして即完売となった2018年作1stフルアルバム「DYING BREED」に、コチラもリリースと共に即完売となった2016年作flexi「BLUNT FORCE TRAUMA」を追加収録し、限定生産カセットテープとなって登場。

     

     

    これ最初にインスタに上げた時にJesus PieceのVo.Aaronから「NEED!」ってコメント来てたんですけど彼も好きなんですね!

    素敵な感覚◎

     

     

     

     

     

     

     

    141003044_o1.jpg

     

    CITY HUNTER - DEEP BLOOD(PICTURE 12"LP)

     

     

    これ書いてる間にSOLD OUTしているんじゃないだろうか....と、思いながら書いており魔す。

     

    完全に説明不要

     

    コロラド州デンバーという街が生んだ最大の悪夢です。

     

    マークマッコイのご好意で即完売になった1stプレスのピクチャー盤♨︎

     

     

     

     

     

     

     

    CREEP STARE - PAIN GAME(7"EP)

     

     

    けどやっぱ今回の入荷の中で絶対に一番注目すべき&して欲しいのがこのCREEP STAREです!

     

    最近デンバーのバンドに力を入れていたように思えるYouth Attackよりの新作はDEATH METALやOffendersやCOWBOYでもお馴染みのテキサスよりの新星・男女混成ブチ切れブチ上げYouth Attacking Pure Strong Fast Hardcore Punk、デビュー作。

    毎度の事ですがYOUTH ATTACKからのリリースって事でカッコ悪いなんて事は当然無く、彼らがマークマッコイを知っていようがいまいが絶対に共通する純然たるあの血脈がドクドク流れまくっている真性の狂気・内側から込み上げる野性的な凶暴性・得体の知れない激怒感、それら全てを音楽として味わう事が出来る世界有数の作品であると言えます。

    やっぱテキサスだからか思わずOffendersを彷彿とさせる実際のBPMよりも数段速く感じる意味不明な体感スピードを持ちながら猪突猛進に暴走しまくる中、真に迫る狂気と怒りを内包させてブチ切れ吠えまくるヴォーカルがのっかり襲いかかってくる様はもう興奮せずにはいられないですね◎

    久々に古くからの友達でもなければデンバーのバンドでもないYouth Attack作品ってのも◎


    なんだか今後のユースアタックの流れを感じさせるような一枚、マークマッコイのアートワークも冴え渡って魔す♨︎

     

     

     

     

    自分の感覚より先にまず何かしらの情報(テレビやネット/雑誌とかのメディア・先輩/有名人/タレントが言ってたから・食べログ・etc...)があって、その情報ありきで大多数の判断や評価を委ねてる人ってめちゃくちゃ多いなーってふとした時によく思うんですよね。たぶんこんなブログ読んでるくらいだから少なからずそう感じた心当たりある方も居るんじゃないでしょうか?

     

    みんな情報を聴いて、情報を食べて、情報を着てる。何の疑問すら持たず情報に身を委ねて情報の中で生きてる。

    本当に機械とか兵士のように見えたりする。いきなり流行も情報も無くなったりしたら世の中どうなるんだろう?

    機械や兵士は任務が無くなった時、何をするんだろう....ドラえもん居たら絶対コレやってみたいな〜ってずっと思うんです。

     

     

    そんでやっぱMINOR THREATって凄いな〜って改めて思ってこの動画を見る

     

     

    「12XU」のシーン(この動画で言う1:15〜2:18)で毎度むちゃくちゃ笑わせて貰ってその頃にはもうまあどうでもいいかってなるっていう。

     

    腹立った時とかなんかモヤモヤした時とかコレ見ると瞬間で落ち着くっていう即効薬ですね♨︎

    そういうライブ動画ほかにもあるんでいつかまた勝手に紹介致し魔す。

     

    まあそれはいいとして、さっき書いたみたいな人達っていうかそういう人を量産するような社会、そういうのがきっと大嫌いなのがマークマッコイ、そんな彼がやってるレーベルがYouth Attack Records。

     

     

     

    「I can’t be friends with you because you like Epitaph」
    (お前とは友達になれない。だってお前はエピタフ好きだから)

     

     

    EPITAPHがなんでそんなに嫌いなのかわかりませんが、確かにそういうのあるな〜!

     

     

    って訳で前にも載せましたが再度マークマッコイのインタビュー掲載しておくので是非とも読んでみて下さい◎

     

     

    「マークマッコイ」の画像検索結果

    Charles Bronsonデビュー20周年記念!

    マーク・マッコイを強行取材

     

    いや〜ホント何度読んでも最高、大好きです。

     

    ちなみに彼は今LIFE SUPPORTって新バンド始めてて、こないだ二回目のライブやったところです。

     

    きっと納得いった際には音源も出してくれるはずなので気長に魔ち魔しょう♨︎

     

     

     

     

     

     

    toosmellrecords

    関連する記事